空き家の活用

  • 2019.11.10 Sunday
  • 20:24

マンションではありませんが、空き家となっている一軒家について。

以前住んでいた一軒家が空き家になっており、賃貸、できれば売却を検討していました。

不動産の売買サイトや賃貸サイトに素人で登録するのはハードルが高く、どうしたものかと考えていたところ役場の移住促進などを取り組んでいる課が空き家情報を求めていることを知り登録。

そして本日ついに住む方が決まり賃貸契約となりました。

役場の方の案内で来られたのですが、その方が言うには売却希望物件ばかりで賃貸可能物件が少ない。ことと内覧できる家が少ない。ということを言われていました。

つまりこれらの点を対応できるようにしておけば空き家が空き家のままでなく活用される可能性があると。

実際に私も売却希望でしたが、最終的に売るにしても誰も住んでいない状態であれば家の劣化も激しくなるため、とりあえずだれか住んでメンテナンスをしてほしいと考え賃貸可能としました。

さらに、気軽に鍵をあけに行ける距離でもないことから、私がいない時でも役場の人や近所の人が鍵をあけて案内できるように空き家に鍵を置いています。

その際便利なのがキーボックスです。

こういったキーボックスを雨どいなどのところにかけて置き、役場の担当の方に暗証番号を教えておけば内覧時にそこから鍵を取るのでいちいち対応しなくて済むようになります。

この効果は絶大だったようで、一番案内しやすかったと言われました。

賃貸マンションの空室埋めでも大事なことですが、まずは仲介してくれる人に覚えてもらい、案内してもらうこと。

これが一番です。

 

空き家になってからのメンテ

片道高速で1時間という距離に引っ越した為、空気を循環させに戻るのも頻繁にはできないことから電気は契約しておいて、換気扇だけはずっと回していました。

隣の家の方にスペアキーを渡し、天気のいい日に窓を開けてもらっていたのも家が傷まなかった大きな原因かもしれません。

 

隣近所の方との交流は大事ですね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:賃貸マンション

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM